こんばんは

三兄弟のパパ、スカッとパパです
嫁ちゃんが図書館で借りてきてくれた
絵本の紹介です。 


2B45D9F2-CCE1-423D-95D3-2C1EC7597D1F


































2018年秋、ドイツ児童文学賞の児童書部門を受賞した、
『ぼくはアフリカにすむキリンといいます』
(岩佐めぐみ 作/高畠 純 絵)。

キリンとペンギンはお互いどんな動物なのか知りません。
お互いの伝達手段は手紙。
手紙をペリカンが配達してくれます。
お互い想像しながら、やり取りする様が
ユーモアかつ心温まる作品だと思います。

このシリーズは他にも、『わたしはクジラ岬にすむクジラといいます』、
『オットッ島のせいちゃん、げんきですか?』、
『おいらはコンブ林にすむプカプカといいます』があります。

昨日、『わたしはクジラ岬にすむクジラといいます』を
嫁ちゃんにお願いして、借りてきてもらいました
これから子供たちと読みます

秀逸な絵本、オススメです

今回も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
宜しければ下記をポチっとな御願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村