スポンサーリンク

今話題のあの偉人!渋沢栄一の生きざまを描いた漫画が熱い

子供と一緒に読みたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク

NHK大河ドラマの主人公、渋沢栄一さんの本をご紹介いたします。

この本に辿り着いた経緯を少し説明します。



我が家の長男(小2)が歴史に大ハマりしておりまして。

特に戦国武将が好きなんだとか。

(やたら死因に詳しい。色々教えてくれます。 笑)


ちなみに、歴史大好き男子を歴男(れきなん)と呼ぶそうですね。



良きタイミングで小学校から、NHKの大河ドラマ館のご招待チケットをもらってきました。

なんてグッとタイミング!!!!




もちろん足を運びましたとも、埼玉県の深谷市まで!




長男はこれをきっかけに渋沢栄一に興味を持ちました。

大河ドラマ館では出演者の衣装や撮影のセット、藍玉や血洗島について、出演者の映像とサインなど色々見学してきました。

なんと!
長男は帰ることを惜しんだ程です。



渋沢栄一は数多くの企業の設立に関わり、「日本の資本主義の父」と呼ばれています。
約500の企業を育て、約600の社会公共事業に関わった人物で、幕末から昭和までを駆け抜け、
「士魂商才」を説いた、時代の先駆者です。


2024年に20年ぶりに刷新されることになった、新紙幣。
新しいお札では、千円札に「北里柴三郎」、五千円札に「津田梅子」、一万円札に「渋沢栄一」が描かれます。
千円札、五千円札は2004年に一新されましたが、一万円札は40年ぶりの新デザインとなるそうですね。




もっと知りたい!
渋沢栄一




ということで、探してきました。


見つけてきましたー!


一番熱い本と思われます!!!!!


学研から出ているのですね。

中は漫画となっております。


子供でも読みやすいこと間違いなし。


と思っていたら…




難しい言葉がちらほら…




ということで、この夏休み母と一緒に読破することにしました。



いつもは胸キュン恋愛漫画ばかりの私ですが (いい歳して ←笑)

子供と一緒ということもあり、なんだか楽しく読んでいま~す♪


 1. 声に出して子供に読んでもらう

 2. セリフの中で難しい言葉を辞書で調べる

 3. 情景を子供に理解できるように、物事を例えたりして説明



話の情景を理解出来て、結構楽しんでいる様子の長男。



埼玉の新聞社企画 「こんな会社を作りたい」のアイデア募集に応募することに決めました。


構想を練り下書きから本番まで何度も書き直し、粘り強く作成していました。



長男にとって良い挑戦と思います。

息子の将来が楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました